「専門店」だからこだわりが違います!(ひゃくしゅうぶどうぐてん)

手刺し防具専門。百秀武道具店

まだミシン刺防具をお使いですか?
自分を高めたいなら、世界にひとつ
オーダーメイド手刺し防具を作りませんか?

営業時間
10:30~19:00
定休日
月曜日
「HPを見た!」とお気軽にお問合せください!
泣いて喜ぶ  親 父 さ ん             
0120-74-0823

最高の防具を身につけるために身体を鍛えよう!

人生を見た目を変えよ!40歳を過ぎたら一度は誰でも考える時。理想の身体で剣道も仕事も思いのまま。店長だって82kg→65kgまでダイエットやりました。そうしたら稽古の時に身体が軽い、軽い。剣道具が似合う、似合う。一緒に身体を鍛えよう!

一流の剣道家ほど、メンテナンスに出すのが早い

剣道具の修理はボロボロになってからでは遅いです。例えば甲手穴なら親指に5ミリくらいの小さな穴が開いたかなという状態ですぐに修理に出す必要があります。二流の人は普段の稽古が忙しい、修理に出すのが面倒くさいとボロボロになってからようやく修理にだします。そうすると革全体が弱ってしまっていて修理できるものも出来なくなっている事が多いのです・・・。剣道具だって可哀想ですよね。

剣道具は自分で買う。もらった剣道具は使わない(使えない)。

剣道具を先生方から頂くこともあるかと思います。「こんな立派な防具をもらえるなんてラッキー♪」でもね、貰った防具なんてまずサイズが合いません。特に女性の方。旦那さんや先生から防具をいただくことがあると思いますが大きすぎますよね。剣道具ってホントはもっと身体にあって使いやすいものですよ。

きちっとした剣道具が求められる場所に行こう!

つまり出稽古です、出稽古。私もなかなかいけませんが、知らない方、初めて剣先を交える方が沢山いる場所に自分から出向きましょう。暑い夏こそそういう見られる場所にジャージ剣道着で行く人は二流です。きちっと正藍染の剣道着袴と手刺し防具、竹胴で正装していきましょう。ジャージ剣道着、もちろん楽です。私だって持ってます。でも着装にあえて負荷をかけることであなたの着装のレベルがあがります。八段の立派な先生方がペラペラのジャージ道着を着てるの見たことないでしょ?

安価な剣道具を3台買うより、いい剣道具を1台買おう!

最近は剣道具も安くなりましたよね。例えば予算が20万円の時、

①7万円の剣道具を3台

②20万円の剣道具を1台

という2つの選択肢が考えられます。普段用、出稽古用、ついついバリエーションを考え安価な防具を複数揃えそうですがここは20万円の防具1台が正解です。

周りの人はあなたが「何台防具を持ってるか」なんて興味がありません。使っている1台の防具が「良いものかどうか」を見られているのです

「毎日同じ防具」いいじゃないですか!

「修理するより新しいのを買った方が安い」という場合もあるかもしれませんが、剣道具に使い捨ての発想は馴染みません。

Youtube動画は現代の見取り稽古だ!

子供の頃教えられました。怪我をしたとき、身体の調子が悪い時。「他の人の稽古を見るのも稽古だよ」と。先生方の稽古を見る。試合会場で自分の試合が終わっても、決勝戦まで残って見学する。そういえば、Youtube動画で強い人の稽古を視るのだって今風の見取り稽古だよね!

剣道具を身に着けて全身が映る鏡で見てみよう!

だらしない人は鏡を見ません。家に鏡が無かったり、小さい鏡しかもっていません。自分の着装がどうか見られないのです。私の通う道場には大きな鏡(三面鏡)があります。高段者の先生は稽古の前に鏡を開いて剣道着袴の着装、防具の着装、構えを確認しています。ビデオで自分の稽古を撮影するのもいいでしょう。一流ホテルには全身が映る鏡があります、安いビジネスホテルはお風呂場に小さい鏡があるだけです。身体全体が映る大きな鏡の前で自分の着装を見てみましょう。

新しい剣道具が届いたら、その日の内に100回着けよう!

100回?ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、新しい剣道具が買ったらその日の内に何度も、何度も着けたり外したりして身体に馴染ませます。新しい防具が仕上がっても「ハレの日までは勿体無いので使いません、床の間に飾っておきます」という人がいます。実は剣道具は仕上がったらその日の内に100回着けたり外したりする必要があります。いくらサイズが合っていても身体に馴染みません。男性の場合スーツだとイメージし易いかもしれませんが、100回着ないで保管しておくと身体の形ではなくハンガーの形になってしまうのです。剣道具だって同じ。仕上がったばかりの防具は職人が作ったままの形。少し小さめに作るから多少擦れて痛い、キツイのは当たり前。理想の状態とは状態とはサイズがあっているのは当たり前で、その先に自分の身体にミリ単位で馴染んでおく必要があるのです。そのためには反復作業が大事、100回もかぶれば自分の防具になりますよ。

店長のウガです!

高校3年生の夏、三段の昇段審査に落ちて剣道をやめてしまいましたが13年のブランクの後剣道の世界に戻ってきました!今は親子孫3代で剣道やってます!

店長の人気Youtube動画!

47秒で分かる「甲手紐の最後の結び方」
60秒で分かる「竹刀のツルの結び方」

Menu

アクセス

泣いて喜ぶ親父さん
0120-74-0823
住所

〒768-0060
香川県観音寺市観音寺町甲2968-13
JR予讃線観音寺駅徒歩10分
(八百屋の隣り、酒屋の向かい)

お客さまの声

防具を替えてからは見栄え、品格、容姿に風格が感じられると言われ、以前に比べ、落ち着いて無駄打ちのない「打ち切る一本」を意識して稽古しています!

埼玉県のMwi様

いつか高段者(六段)に合格したら良い防具を買おうと思っていましたが挫折を乗り越えてやっと六段合格。そして錬士称号を取得して新たな防具を身につけて次の七段を目指しています。防具を替えてからは見栄え、品格、容姿に風格が感じられると言われ、以前に比べ、落ち着いて無駄打ちのない「打ち切る一本」を意識して稽古しています。人生においても打つべき時に打ち切る気持ちを心に添えて日常においても高段者として品格のある行動を意識するようになりました。
本当に親切で丁寧な対応をして頂き、最高の防具を安心して身につけられたことに心より感謝致します。

昇段審査を合格することができました(^-^)v

静岡県の河上真帆様

この防具のおかげで、見事に昇段審査を合格することができました(^-^)v
ありがとうございましたm(_ _)m

営業日

受付時間
×

10:30~19:00

定休日

月曜日

連絡先
泣いて喜ぶ親父さん
0120-74-0823

「HPを見た」とTELください!