「専門店」だからこだわりが違います!(ひゃくしゅうぶどうぐてん)

手刺し防具専門。百秀武道具店

まだミシン刺防具をお使いですか?
自分を高めたいなら、世界にひとつ
オーダーメイド手刺し防具を作りませんか?

営業時間
10:30~19:00
定休日
月曜日
「HPを見た!」とお気軽にお問合せください!
泣いて喜ぶ  親 父 さ ん             
0120-74-0823

剣道具って値引きの根拠が良くわからないと思いませんか?

「100万円の剣道具がセールで今だけ20万円!」

なんて絶対おかしいじゃない!?

「本当の価格はいくらなの?」って私なら思っちゃう。

最初から大幅な値引きを前提に高めの定価をつけて、、、

「○○先生の紹介だから特別に○割引にします!」なんてこと言われたら

もう紹介なしでは怖くて買えない・・・(悲)。

当店は引ける分は最初から引いてます。

八段の先生でも、初段の中学生でも同じ価格です(キッパリ!)。

こんな話がありましてねぇ〜

あるAさんという人が防具を買おうをネットでいろいろ探していたそうなんです。

Aさんがお店にTELしたら、ネット価格より店頭価格の方が安いから「お店に来て!」と言われたそう。

確かにそのお店ではネットで買うより店頭で買ったほうが安くしてくれたのです。

その後、でもやっぱり即決は出来なくて一度持ち帰ったそうです。

ここからが面白い話なんですが・・・

Aさんはなかなか即決が出来なかったんだけど、お店に何度も足を運んだそうなのです。

そうするとお店にいく度に「1万円」づつ防具の値段を引いていってくれたんだって!

お店との信頼関係が出来たから店長が引いてくれたってAさんは言ってました。

「それのどこが信頼関係じゃい!!(店長心の声)」

お店に足を運ぶ度に価格が安くなってついには30万円の防具を13万円(当時)買ったというのです。

Aさんは大喜び。そりゃそうよ、努力した分安く買えたからね。

100歩譲ってAさんはいいですよ、それでも安く買えたから。

でも他の人があまりに可哀想じゃない。

何も知らずに割高なネット価格で勝ってる大多数の人。

そこまで値引きできると知らずに店頭価格で勝った人も同じ。

Aさんだってお店の人を値切り倒してそれで満足かい??
防具の品質は本当に大丈夫だった?

不明瞭な価格、コロコロ変わる価格はやっぱり誰も得しないのです。
(ところで、写真のように紺鹿革の裏革は別注製作ができます(追加料金なし/納期3〜4ヶ月)

ところでお付き合いしているお店の人が「安い防具」ばっかり勧めてくるって人、

それもちょっと残念だよね。

お店の人は「安くていいだろう」と思って親切心で言ってくれてるんだと思うけど、

学生さんならまだしも、30歳過ぎたら価格だけで防具は選ばないよね(そこに温度差が・・)。

やっぱり何でもそうだけど「良いもの」は「高いけど」長い目で見ると「やっぱり良い」よ。

家でも時計でも筆記用具でも車でもやっぱり良いモノって違うよね。

でも、なぜか日本人として「剣道具」の話になるとお金をかけることが何だか「悪いこと」のように感じてします。

「私にはまだ不相応」「まだ早い」「まだ使えるから大丈夫」って言います。

「節約は美徳。」なぜか防具に対しては考え方が質素なってしまうんです。

そして先生方ばかり良い防具を身に着けている・・・羨ましい(悲)。

いや、そんな事ないからね!

本当にそんな事ないからね!!

野球選手のイチローさんは言いました。

「取れなかったとき、グラブのせいには絶対にできないグラブを使う。言い訳の余地がないわけです。」

1球が命取りになるプロの現場ではイチローさんはやはり道具にはこだわります。

でもちょっと考えてください。

プロになって大リーグへ行ったから道具にこだわってるんじゃなくて、

ずっとその前、子供の頃からイチローさんは自分の道具は大事にしてたと思いませんか?

感覚が変わるのを嫌がって他人には触らせない(他人の道具にも触らない)と言います。

そのくらい道具に対して愛着を持っているのです。

だったら、相手の打突から身を守る剣道具なんてなおさら大事じゃないですか?

良い剣道具を身につけると知らず知らずのうちに使い手の精神に影響を及ぼし、

気がつけば内面まで「シブくて色気のあるおっさん」になっている可能性は高い(笑)。

ところで写真の「胴裏拭き漆塗り」が人気です。(追加料金なし/納期3〜4ヶ月)

やっぱりね、手刺し防具っていうのは若い男の子よりも、

我々おじさん、もしくはおじいさんの方が似合い、シブく見えるものです。

「若者+手刺し防具」は双方がギラギラしているせいか、

やはり「枯れたおじさん+手刺し防具」こそが組み合わせの妙であり、最高のマリアージュなのです。

それゆえに我々のような剣道もたいして強くないおじさんでも手刺し防具さえ手に入れれば、

多少は渡辺謙(私の場合はジャッキーチェンですが)に近づけることは間違いない(笑)。

そこで問題はどんな手刺し防具を選ぶかということだが、これはやはり

変に派手な飾りが入っておらず、あくまでシンプルで定番で基本性能にこだわること。

若者が乗る改造車のごとく、いかにも「見て!見て!どうですか!すごいでしょ?」的なお祭り要素はできるだけ排除して

シンプルに、シンプルに行きたいものです(歳を重ねればなおさらだね)。

さらに言えば自分の子供が剣道をやっていれば周りの子供達に教えることだってあるでしょう?

そんな時に指導者の身だしなみがダサいと子どもたちはついて来ないよ。

私の通ってる道場でも館長さん、高段者の先生方こそきちんとした格好をしています。

軍隊でいうと上官ほどきちんとした服装をしています。

服装、身なりは階級を表しています。

子どもたちがあこがれる服装をしている人が指導者になっていくのです(ちょっと言い過ぎかな?)

まあ、30過ぎた大人になると着装や防具のことなんて誰にも注意されることはない。

本来は言われる前に自分で気が付かないといけないことなんです。

試合や審査などでもね、相手は勝負服(防具)で来ますよ、そりゃ。

またそのためにわざわざ防具を買って身なりを整えてくる。

いつまでたっても合格しない人は、せっかくの審査会なのに「要は内容だから・・・」と普段の稽古着袴で行ってしまう。

審査員から見たらその差は大きいと思いませんか?

段位が上がれば上がるほど、上を目指せば目指すほど、、、

自分で気が付かないといけないって事なのね。

店長のウガです!

高校3年生の夏、三段の昇段審査に落ちて剣道をやめてしまいましたが13年のブランクの後剣道の世界に戻ってきました!今は親子孫3代で剣道やってます!

店長の人気Youtube動画!

47秒で分かる「甲手紐の最後の結び方」
60秒で分かる「竹刀のツルの結び方」

Menu

アクセス

泣いて喜ぶ親父さん
0120-74-0823
住所

〒768-0060
香川県観音寺市観音寺町甲2968-13
JR予讃線観音寺駅徒歩10分
(八百屋の隣り、酒屋の向かい)

お客さまの声

防具を替えてからは見栄え、品格、容姿に風格が感じられると言われ、以前に比べ、落ち着いて無駄打ちのない「打ち切る一本」を意識して稽古しています!

埼玉県のMwi様

いつか高段者(六段)に合格したら良い防具を買おうと思っていましたが挫折を乗り越えてやっと六段合格。そして錬士称号を取得して新たな防具を身につけて次の七段を目指しています。防具を替えてからは見栄え、品格、容姿に風格が感じられると言われ、以前に比べ、落ち着いて無駄打ちのない「打ち切る一本」を意識して稽古しています。人生においても打つべき時に打ち切る気持ちを心に添えて日常においても高段者として品格のある行動を意識するようになりました。
本当に親切で丁寧な対応をして頂き、最高の防具を安心して身につけられたことに心より感謝致します。

昇段審査を合格することができました(^-^)v

静岡県の河上真帆様

この防具のおかげで、見事に昇段審査を合格することができました(^-^)v
ありがとうございましたm(_ _)m

営業日

受付時間
×

10:30~19:00

定休日

月曜日

連絡先
泣いて喜ぶ親父さん
0120-74-0823

「HPを見た」とTELください!