「専門店」だからこだわりが違います!(ひゃくしゅうぶどうぐてん)

手刺し防具専門。百秀武道具店

まだミシン刺防具をお使いですか?
自分を高めたいなら、世界にひとつ
オーダーメイド手刺し防具を作りませんか?

営業時間
10:30~19:00
定休日
月曜日
「HPを見た!」とお気軽にお問合せください!
泣いて喜ぶ  親 父 さ ん             
0120-74-0823

あなたがこれから買おうとしている面はサイズが合いません・・・・(10分15秒)

自分で正しく面の採寸ができる確率は?

A. ビックリされるかもしれませんが、

約4割の方はピッタリ合いません。

さらに約2割の方は全くサイズが合いません。

 

なぜ分かるかというと当店ではお客様の採寸をもとに

購入前に3サイズの面を貸し出しているのですが、

この貸出の様子をみていると大体以次のような割合になっています。

 

・約4割の方・・・・正しく測れています。(採寸と実際にかぶった面がピッタリ一致!)

・次の約4割の方・・・1センチほど前後にずれます。(68cmかと思ったら67cmだったなど)

・残りの2割の方・・・お送りした3つの面がすべて合いません(違うサイズの面をもう一度送ります)。

問題なのは最後の2割の全く見当違いな採寸をした方。

このまま製作していたらとんでもないことになっていました(大失敗)!

保険の意味でも防具の製作前の打ち合わせでサイズ測定面をかぶることをおすすめします。

なぜいつまでたっても物見が合わないのか?

A. ズバリ、先に面のサイズが合っていないからです。

多くの方が勘違いをしています。

「物見、物見、とにかく物見を合わせたいんです!」

「物見絶対主義」の方、よく聞いて下さい。

 

物見を合わせる事は大切ですが、実は

先に面のサイズを合わせることの方がはるかに(100倍くらい)大切です。

 

なぜなら物見を合わせるということは、

面のサイズがピッタリ合っている事が大前提だからです。

 

事実、サイズ測定用の面でピッタリ面を合わした方、

ピッタリとサイズの合った面をかぶった場合物見は

まず合っていると思います(どんな安価な面でも合います、本当です)。

 

一番良くないケースは面のサイズをないがしろにして、

「店長、私は物見は12cmだからこれで作ってよ」という方。

いくら物見の高さを正しく面を作っても面の大きさが合わないと

全く意味が無いのは以下の通りです。

 面がピッタリ合っていて、それでも合わない方というのは

・男性でアゴが出ている方、

・女性で極端にアゴが細く小さい方

・頭の鉢まわり、おでこのあたりが広くて大きい人(これが一番多いかも)

・実際に顔の中で目の位置が低い人

くらいです。この場合には、別途物見を指定してやる作業が必要です。

採寸さえただしければ必ず面は合うのか?

A. いえいえ、実は現実には100%そうでも無いんです。

いくら採寸が正しくても面が合わないケースがあります。

ここが難しいところ、プロの腕の見せ所です。

 

こういう話があります。

「自分で採寸したら70cmだった、何度測っても70cmだ。

ところが、サイズ面をかぶってみると70cmではきつい。むしろ71cmの方が調子が良い。」

これは頭の形や側頭部のふくらみが人より大きい事に原因があります。

 

また、女性なら

「自分で測ったら64cmだけど、面をかぶったら63cmの方が良かった。」

これは女性特有のケースで、アゴが細い女性や、中学生などはワンサイズ小さい面の方がしっくりくることがあります。

 

このように採寸通りにいかないケースを見極めるのにプロが必要なのです。

 

これは私に特殊な才能があるからできるという事ではありません。

むしろ、毎日、毎日手刺し防具を購入される方のご対応をして、過去、何百人も採寸してきている経験(訓練)があるから瞬時に判断できるのです。今では顔を見ただけで瞬時に何センチと頭の大きさを当てることができます。

他にも

・後頭部のはみ出し

・側頭部のハリ具合

・内輪の形

・アゴの細さ、出っ張り

・おでこの位置

・こめかみ部分のハリ具合

・頬のお肉(笑)

・頭の形が原因で、どんどん前に面が落ちてくる人

・メガネをかけている人

・おでこが広く、目の位置がもともと低い人

・極端に小顔の女性

など面のサイズ合わせにはいろいろあるんですよ。

 

新品の面の馴染み方

面というのは使っていくうちに馴染んで緩くなってきますので、新品の面はピッタリか、少しきついくらいがベスト(痛みがあるようなら調整が必要ですが基本的には馴染んでいきます)。

 

馴染むとは具体的にいうと、取り付けられた内輪の形と顔の形のズレが解消されるということです。人の顔の形は凹凸がありますが、内輪ってただの輪っかです。そのために最初は少し窮屈でも、内輪に自分の顔の型をつけてやる必要があります。

 

最初の頃は物見が合うように意識して面紐をキツ目に縛ってください。そうすれば面紐の位置が決まります。紐の位置が決まればあとは稽古の度に内輪が潰れて顔が中に入っていきます。1cmくらいは入っていくと思います。

ポイントは自分の顔の圧力で内輪を広げてやる過程がどうしても必要ということ。その過程を経ると自分の頭しか入らない最高の面になるわけです。

 

最初からスポッと楽に入ってしまう面はあとから緩んでくる。ゆるい面はいくら紐をしばっても前に落ちて物見もあわなくなります。

店長のウガです!

高校3年生の夏、三段の昇段審査に落ちて剣道をやめてしまいましたが13年のブランクの後剣道の世界に戻ってきました!今は親子孫3代で剣道やってます!

店長の人気Youtube動画!

47秒で分かる「甲手紐の最後の結び方」
60秒で分かる「竹刀のツルの結び方」

Menu

アクセス

泣いて喜ぶ親父さん
0120-74-0823
住所

〒768-0060
香川県観音寺市観音寺町甲2968-13
JR予讃線観音寺駅徒歩10分
(八百屋の隣り、酒屋の向かい)

お客さまの声

防具を替えてからは見栄え、品格、容姿に風格が感じられると言われ、以前に比べ、落ち着いて無駄打ちのない「打ち切る一本」を意識して稽古しています!

埼玉県のMwi様

いつか高段者(六段)に合格したら良い防具を買おうと思っていましたが挫折を乗り越えてやっと六段合格。そして錬士称号を取得して新たな防具を身につけて次の七段を目指しています。防具を替えてからは見栄え、品格、容姿に風格が感じられると言われ、以前に比べ、落ち着いて無駄打ちのない「打ち切る一本」を意識して稽古しています。人生においても打つべき時に打ち切る気持ちを心に添えて日常においても高段者として品格のある行動を意識するようになりました。
本当に親切で丁寧な対応をして頂き、最高の防具を安心して身につけられたことに心より感謝致します。

昇段審査を合格することができました(^-^)v

静岡県の河上真帆様

この防具のおかげで、見事に昇段審査を合格することができました(^-^)v
ありがとうございましたm(_ _)m

営業日

受付時間
×

10:30~19:00

定休日

月曜日

連絡先
泣いて喜ぶ親父さん
0120-74-0823

「HPを見た」とTELください!