「専門店」だからこだわりが違います!(ひゃくしゅうぶどうぐてん)

手刺し防具専門。百秀武道具店

まだミシン刺防具をお使いですか?
自分を高めたいなら、世界にひとつ
オーダーメイド手刺し防具を作りませんか?

営業時間
10:30~19:00
定休日
月曜日
「HPを見た!」とお気軽にお問合せください!
泣いて喜ぶ  親 父 さ ん             
0120-74-0823
店長がランキング形式でお話します。

あなたの剣道人生で最良の剣道具に
一体何を求めますか?

第1位 打たれても痛くないこと!(6分23秒)

外見は同じでも、防具の命である布団の中身がまったく異なります。まずは安価な、ミシン刺の場合、

ビックリしないでくださいね、別に、上の写真の防具は粗悪品でも何でもありませんよ。通常のミシン刺剣道具には主にこういうフェルト類が入っています。いくら外から見えないとはいえ、個人的にこのグレーの色だけは何とかして欲しいものです。いかにも安っぽい・・・・。次は、上等な手刺し防具の場合(このHPの百年防具、手刺し防具ではありません、その理由は上記の動画の中で)、

ミシン刺し防具の布団はこの厚み以上は入れることができません。

手刺し防具の場合は分厚い材料を薄くなるよう仕上げていきます(職人技!)

第2位 サイズが完璧に合っていること

稽古中に面紐が外れてても全く気が付かない!そのくらいピッタリ顔に吸い付くようにサイズがあった面が世の中にはあるんです。

第3位 その上で動きやすい事。
布団が柔らかいだけでなく、コシもあって将来、布団がたれないこと。

ただ柔らかい面布団なら作るのは簡単なんです。中の芯(材料)を抜けばいいだけの話ですから。

第4位 さらにその上に、見た目が良いもの。

自然な型を付けて、一生大事にしたいですよね♪決して威張るわけじゃ無い、だけど良い道具は佇まからして違います。

派手にせず、見た目はあくまでシンプルに。それが飽きが来ず、長く使える秘訣です。

第5位 使い込むごとにきれいに色落ちして、存在感が増していくこと

百年防具を私が自信をもってオススメするのは、私自身が稽古で何年も使って実感してるから。ほんとに良いですよ。「ほら見て、このきれいな色落ちと、ねっとり身体にまとわり付くコシのある布団。うまく伝わるかなぁ〜。

店長の私物、百年防具垂。使いだして5年くらいかな。固すぎず、柔らかすぎず、この垂以外考えられません。
この子をとことん使い込むつもりです!(ちょっと垂帯の中央が擦れちゃったね)

上記の垂とほぼ同時に使い始めた百年防具の甲手。
ちょっと撮影時の照明の関係で青っぽく見えますがとてもいい具合です。みなさんも是非!

↑どちらも5年くらい使いつづけた鹿革製の百年防具の甲手です。

いくら良い防具でも、直射日光に当てて乾かしてると長持ちしませんよ!

防具のお手入れも大きな影響を与えます。良い剣道具こそ、稽古の後は汗を拭き取って、風通しの良い場所で陰干ししてください。太陽に当てると藍の色が吹っ飛びますよ!もったいない!!

 良い剣道具は大切に取扱すれば使い込むほど魅力が増して行きます!

第6位 長持ちするよう最初から丈夫に作られていること

↑将来的な色落ちがここまで違います。やはり上等な鹿革製は使い込むごとに存在感が増してきます。

最初から日本製の良い材料(革/紺生地)で作った防具がやはり長持ち!

一生モノの剣道具を求めるなら、まずは材料、鹿革と紺反(こんたん/生地)に日本製の良いものを使わないと始まりません。海外製に比べて生地や鹿革の耐久性そのものがまず違いますし、藍が濃いので将来的な色落ちが期待できます。ヘリなどの痛みも良い材料で作ってあれば少ないです。

 あと、鹿革に似せた牛革製というのもありますが、こちらも将来的な色落ちが赤っぽくなっていきます。

↑さすがに手刺し防具クラスでこのレベルの革を使うことはないと思いますが・・・一応。

特に安価なクラリーノ製防具は表面がすぐにモコモコしてきます。

安価だけの剣道具を作るのは簡単。材料の中で一番高価な鹿革を使わなければいいんです。現在の主流はミシン刺+クラリーノ製の組み合わせ。クラリーノは使用経過で表面がモコモコしてきたり、色がグレーや赤っぽく変色してきます。数年程度の使用が目的のミシン刺防具に使われます。(同じクラリーノでも長持ちするものと、すぐにダメになるものがあります。新品時には見極め不可能だから怖い)

↑ジュラルミン面金は色も白っぽくてちょっと安っぽい(実際安いけど・・・)

ジュラルミンの面金は折れるよ!この先長く使いたいなら是非、チタン面金を選ぼう!

軽くて安くて良いのですが、長年の使用が前提の手刺し防具には馴染みません。表面がボコボコになったり、打突の際、横棒が折れたり、台座が割れたりします。面金が折れるケースはジュラルミン面金の場合がほとんど(弱い)です。小学生の面金なんてすぐぶつけるから傷だらけになってますから。

面布団が擦れちゃった・・・。

最初から痛むと分かっている箇所には補強があると長持ちします。

面の中で一番痛みやすいのはやはり、後頭部のヘリ。紐と擦れるのでまず一番痛みやすい箇所です。長年使いたいなら予めこの箇所に鹿革補強を付けておくと安心です。

新しい面を買ったら「きれいな型を付けたい!」誰だってそう思いますよね。

審査や試合でやはり有利!
「立ち姿がビシッと決まる」とはどういう状態?

店長実験済。「あれ?最初は少しだけ固い??」くらいの面布団の方が将来とんでもない使いやすさになります。最初から柔らかすぎる面布団は使用経過で残念ながら垂れてきます・・・。

面紐?面乳革?もちろん防具に付属しています。

製作前に仕上がりサイズを確認したい!

実践型防具が欲しい!面布団をめちゃくちゃ短くして欲しい!

面の重さは大体どのくらい?

手作りなので個体差があります。実際にいくつか測ってみますね。(※面布団の長さなどによっても異なりますので、あくまでご参考程度でお願いします)

この百年防具の面は1,618g

こちらは1,567g

面の重さは大体どのくらい?

一般的な大寸で280gでした。

大きめ特大寸で313g。

「刺しの上手さ」でそんなに仕上がりが違うものなの?

百年防具へのネームの取り付けはもちろん「手まつり」なので安価な「アイロン接着」のようにすぐに剥がれることはありません。

当店に修理で持ち込まれたアイロン接着のネームの甲手・・・。
稽古中にすぐに剥がれちゃうよね。

 

百年防具の面金

面金の種類

重さ 店長の考察
・ジュラルミンの面金(14本)            295g                    軽くて安価。小中学生が使ってる。アルミの合金なので材料が柔らかく、よく小学生の子の面金などボコボコになってたり、折れたりする。見た目もちょっと白っぽい色をして安っぽいかも(実際安いんだけど)。
・オールチタン面金(14本) 365g 10年、20年と長年の使用が前提の手刺し防具には最適。鉄の合金で軽くて丈夫。見た目の色にもジュラルミンにはない高級感がある。当店の<手刺し防具>で採用
・高耐久抗菌チタン(14本のみ) 372g 横ひごの一番上の3本を6ミリと太くして強化。重さも7グラムしか変わらないし、抗菌仕様。店長は今、これがベストと思ってます。当店の<百年防具>で採用。
・I.B.B.チタン(14本) 460g 良い面金です。当店も昔使っていたけど、通常のチタン面金とくらべて95g重いとやはり重いとクレームになったことがあって・・・。面金そのものの重心が後ろ側(顔側)にあるので着けると重さを感じないとはいうけど、それでも95gも重くなると面を持ったときにすこし重く感じてしまうかな。
・昔の洋銀の面金 715g 今この面金で面を作ることはないけれど、手に持つとズシリ。昔の重たい面を持っている人はまさにこの洋銀の面金かも・・・。

店長のウガです!

高校3年生の夏、三段の昇段審査に落ちて剣道をやめてしまいましたが13年のブランクの後剣道の世界に戻ってきました!大人になってからの剣道はホント面白いね。

店長の人気Youtube動画!

47秒で分かる「甲手紐の最後の結び方」
60秒で分かる「竹刀のツルの結び方」

Menu

アクセス

泣いて喜ぶ親父さん
0120-74-0823
住所

〒768-0060
香川県観音寺市観音寺町甲2968-13
JR予讃線観音寺駅徒歩10分
(八百屋の隣り、酒屋の向かい)

お客さまの声

防具を替えてからは見栄え、品格、容姿に風格が感じられると言われ、以前に比べ、落ち着いて無駄打ちのない「打ち切る一本」を意識して稽古しています!

埼玉県のMwi様

いつか高段者(六段)に合格したら良い防具を買おうと思っていましたが挫折を乗り越えてやっと六段合格。そして錬士称号を取得して新たな防具を身につけて次の七段を目指しています。防具を替えてからは見栄え、品格、容姿に風格が感じられると言われ、以前に比べ、落ち着いて無駄打ちのない「打ち切る一本」を意識して稽古しています。人生においても打つべき時に打ち切る気持ちを心に添えて日常においても高段者として品格のある行動を意識するようになりました。
本当に親切で丁寧な対応をして頂き、最高の防具を安心して身につけられたことに心より感謝致します。

昇段審査を合格することができました(^-^)v

静岡県の河上真帆様

この防具のおかげで、見事に昇段審査を合格することができました(^-^)v
ありがとうございましたm(_ _)m

営業日

受付時間
×

10:30~19:00

定休日

月曜日

連絡先
泣いて喜ぶ親父さん
0120-74-0823

「HPを見た」とTELください!