格好いい剣道家というのは防具が目立たない

 

格好いい剣道家は防具が目立ちません。


当店のお客さまにはいい剣道具を買われたら、とっておかないで普段使いしてくださいとお話しています。

勿体無いように感じるかもしれませんが・・・。

普段からいい防具を使っていると着こなせるようになります。
防具を着こなせると防具が自然になって目立たなくなります。


反対に大事な日のためにずっとしまっておいて、ひっぱり出して

いざ使うではやっぱり使い手が防具に負けてしまうのです。


いい防具は普段から使いならしておくということが大事です。自分の防具になります。

剣道具以外でも同じです。例えばビジネスマンならスーツや靴、シャツなどを正しく着こなしている人というのは仕事もビシッと出来るはずです。


剣道家も同じ、着装がだらしない人は上達も遅いと思います(私が言っていいか分かりませんが・・・)。


普段からいい防具を普段づかい、使う回数を増やすことによって自分の防具とし、防具に負けないような姿勢で稽古に取り組もうというお話でした。

▲このページのトップに戻る