「圧倒的存在感!!」

黒石目サメ胴

石目のサメ胴は表面がザラザラしています。(黒石目サメ胴)

石目のサメ胴は表面がザラザラしています。(黒石目サメ胴)

黒磨きサメ胴

黒磨きサメ胴台(日本製)

黒磨きサメ胴台(日本製)

黒磨きサメ胴台(日本製)

黒磨きサメ胴台(日本製)

連石(れんせき)サメ胴

連石サメ(れんせきさめ)。手触り、重厚感が違います。

連石サメ(れんせきさめ)。手触り、重厚感が違います。

連石サメ(れんせきさめ)。手触り、重厚感が違います。

連石サメ(れんせきさめ)。手触り、重厚感が違います。

溜磨きサメ胴

赤磨きサメ胴

赤磨きサメ胴

赤磨きサメ胴

紺磨きサメ胴

磨きのサメ胴は表面がツルツルしています。(紺磨きサメ胴)

紺石目サメ胴

上記の胴は女性サイズです〜。

アップで見るとこんな感じ〜

石目のサメ胴は表面がザラザラしています。(紺石目サメ胴)

梅花(かいらぎ)サメ胴

「梅花」と書いて「かいらぎ」と読みます。この大きなツブのひとつひとつがまるで、梅の花のように見えることが名前の由来です。

このカイラギの胴がサメ胴の到達点と言われています。これ以上はありません、只者でない感がすごいですね。

カイラギが一番引き立つように、胴胸はシンプルに仕上げました。

気になる価格は革の状態により胴胸を付けた完成品で80万円〜100万円といったところです。

虎(とら)サメ胴

昔は黄色っぽい虎鮫がありましたが、今ではちょっと派手で使いづらいですね。このくらいの暗めの色味ならちょうど良くないですか?

気になる価格は革の状態により胴胸を付けた完成品で60万円〜80万円といったところです。

家紋は色味を揃えて「丸粉平目地」で上品に入れました。

胴台真ん中の大きい親粒の揃い方も半端ないです!

製作には1年くらいかかります。このクラスの虎鮫胴になると、急いでいる人は良いモノを手に入れることが出来ません。
「時間かかってもいいのでウガ店長におまかせするよ」と言っていただくと最高の革を探します。