「長年使っていくと次第に色が変わっていく胴があるなんて知りませんでした。道場の先生に聞いたら、昔はみんな生地胴を使っていて、
逆に黒に憧れていたみたいで・・・。」

生地胴(きじどう)といって表も裏も塗装していません。だから・・・

ほら、使用経過で左のような何ともいえない色味に!!

20年後くらい?

この色だけはお金で買えませんし、すぐには作ることもできません。

胴胸サヤ刺+胴胸総紺鹿革仕様+生地胴+黒家紋

胴胸サヤ刺+胴胸総紺鹿革仕様+生地胴+黒家紋

繰り返しますが、新しい生地胴はこんな感じです。

まさに職人仕事。プラスティック胴とは職人がかけている手間が違います。

裏面も塗装なし。道着の藍が移ってこちらもいい具合に。

本雲S字碁盤刺(濃紺)+生地胴の組み合わせ

アップ

毘沙門の曙光と組み合わせてみました〜。仕上ったばかりの生地胴。
こちらも20年後には上記のような素敵な色合いに・・・楽しみ。