毎日のこと、剣道具のこと、適当に書いていきます。追記をしていくなかで、まとまった段階で単独のページにしていきます。

​考え途中のもの行き当たりばったりも多いので、結論が出ていなかったり、誤字脱字も多くお見苦しい点もあります。

自分の剣道=セルフイメージ

どうしても伝えたい事があります。 それは「セルフイメージ」です。 一体「セルフイメージ」とは何なのかと言いますと、 「自分は〜だ」と、自分で思い込んでいることです。 自分で自分のことを 「三段と思っていたら三段」というセルフイメージをもっていますし、 「四段と思っていたら四段」というセルフイメージを持っています。 「そんなの当たり前」と思うかもしれませんが これがなかなか馬鹿にできません。 なぜなら 「五段を取得しようと思ったらたとえまだ四段でも既に五段」 のセルフイメージが必要だからです。 「五段に受かる前から、五段の稽古」をしている必要があるのです。 もちろん審査には地力が必要です。 ですが地力を養うにはやはり努力と日数が必要です。 その点、セルフイメージはすぐに変える事が出来ます。 <セルフイメージの変え方その①> 外見を変えてみる ・真新しい剣道着、袴を新調してみてください。普段Tシャツの人がスーツを着るのと同じ。 それだけで首が襟に付き、背筋が伸びます。 ・今の防具のお手入れをしてみてください。胴を磨いてみる。甲手に穴が空いていれば修理を依頼する。色落ちが激しければ藍で染め直すなど。面紐が長すぎればカットしますし、甲手紐が伸びきっていれば短く縛り直します。 ・新しい竹刀を使う。真新しい竹刀を初めて下ろすとき誰でも嬉しいです。柔らかい真っ白な柄を握るだけでワクワクします。 ・新しい防具を買ってみる。自分でもびっくりするくらい高価な防具を使ってみる。良い道具に負けないようにとそれだけで稽古の取り組みが本当に変わります。 まさに「形から入る」 五段に合格したい

何度も修理して使うことが、剣道具を愛するということ。

デフレの時代、剣道具は安くなりました。 だから安い甲手なんか修理するときに 「買い直した方がお得です」と言われます。 そういった時に「愛着があるので直してください」と言う人が「品のある人」です。 当店はできるだけ「買い直した方がお得です」とは言いません (小学生や中学生の部活動は除きますよ)。 当店が別に修理代で稼いでやろうという意味ではありません。 使い捨てのこの時代、 あえて何度も修理して使うことが、 自分の剣道具を愛しているということだからです。 たとえ修理代の方が新しい安価な新品の甲手よりも高くついたとしても、 大切な甲手を何度も直して使うことこそが、使い手の品になります。 だから意地悪せずに他店さんの甲手でも気持ちよく丁寧な修理を受け付けています。 品がない人ほど、せっかく良い剣道具を買っても日頃の手入れを怠り、メンテナンスに出さず、にすぐにボロボロにしてしまいます。 そして審査や試合の直前になってお店に飛び込んで来るのです。。。。

思い切って剣道具を変えてみよう!

毎回の稽古がマンネリ化しているあなたへ、、、 もし稽古のやる気を一新させたかったら 今使っている剣道具を変えよう! 嘘じゃないです。 当店のお客様たちが口を揃えて教えてくれました。 つべこべ言わず、清水の舞台から 飛び降りるつもりで一式全部変えるのです。 将来のあなたにふさわしい防具に。 既製のミシン刺防具に自分の身体を無理やり合わせていた人、 思い切って手刺し防具をオーダーメイドしてみましょう。 最初は少し違和感があるかもしれません。 ところが1ヶ月もして慣れたころには、 もう以前の剣道具には戻れません。 次のステージに進みたかったら 次のステージに相応しい剣道具を身に着けよう! 稽古のマンネリ化は今いるステージからの卒業サインだそうです。

「手刺し防具」の持つパワーは大きいよ。

「ミシン刺の方が安くてそれで充分なのにわざわざ高価な手刺し防具を買うなんて・・・」 という人を笑う人がいますが、そのまま笑わせておけば大丈夫。 そこはやっぱり「手刺し防具」なんです。 ひたすら自己満足でいい。 誰が何と言おうと自己満足でいいんです。 なぜならここでいう自己満足とは それを手にする事で「元気になれる!」ということだから。 稽古で身に付けるだけで「使い手を元気」にさせる。 それ以外の理由は些細なことです。 「あ~、なかなか稽古が上手くいかないな」 「試合でライバルに負けた」 「年齢のせいか身体が痛いな」 どんなに嫌な事があっても自分を裏切らない手刺し防具を 身につけるとたった2秒で「頑張ろう!」と元気になれます(笑)。 「手刺し防具への投資」は あなたの「元気」に対する投資。 「これがあると気分が上がる」というアイテム、 それこそが手刺し防具です。

カテゴリー
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

©2017 Hyakusyu Budoguten