©2017 Hyakusyu Budoguten

私(店長)には使命があります。それは、
既成品でとりあえず買った防具や、普通のネット通販と同じでは話になりません。
劇的にあなたの立ち姿を変えるにはどうすればいいのか?

必ず「手刺し防具」を選ぶこと。

大げさに聞こえるかもしれませんし、
そこまで言い切るとまた店長いろいろと叩かれてしまいます(笑)が、
まずあなたが選ぶ剣道具が手刺しじゃないと話が始まらないと信じています。
​もちろん全員に賛同していただかなくていいです。

初心者だろうが、

ブランク明け(リバ剣)だろうが

関係ない。

 

​最初から良い道具を選ぶこと。

大人の趣味の話なんだから、良い道具を使ったほうが
稽古も真剣に取り組むし、上達も間違いなく早いからね。

ただ、ひとつだけ問題があります。

それは、

手刺し防具選びはサイズ合わせが

極めて難しいということ。

ここがミシン刺防具と大きく違います。
というのはミシン刺防具は基本的に1センチ毎に全サイズを在庫しておいて、合わなかったら「はい、すぐ交換!」が出来ます。
一方、手刺し防具は基本がオーダーメイド製作なので、万が一サイズが合わないときに「はい、すぐ交換!」が出来ません。
手直しや再製作といった手間がかかります。だから武道具店はあまりやりたがりません(ミシン刺防具を売ってた方が楽だから)。
想像してみてください。何十万もかけて、何ヶ月もかけて仕上がった剣道具のサイズが全く合わなかった時の事を・・・。
​ここから手直しでさらに何ヶ月もかかると言われた時の事を・・・。
怖い、怖すぎます。
お店の人ははっきり言いませんが、手刺し防具のオーダーメイド製作にはものすごいサイズ合わせのリスクがあるのです。

ただ、このリスクを乗り越えて

サイズが​ピッタリあった手刺し防具を手にした時には、

間違いなく人生最高の一生ものになります。

これだけは疑いようがありません。

「極上の手刺し防具」

    ×

「完璧なサイズ合わせ」

どちらが欠けてもいけません。
​この2つが出来ればあなたの立ち姿は劇的に変わるからです。
​そのために私は決めている事があります。
どんな事をしてでも面サイズと物見は必ず合わせること。
未知のものであろうが、
やったことが無いことであろうが、
職人さんに少々無理を言おうが、
自分がどんな努力をしようが、
新しい設備投資が必要だろうが、
​周りからどんな批判を受けようが、
あなたの面サイズと物見を合わせるためには最大限の努力と工夫をします。
そこで生まれたのが、
3Dスキャンによる面組み。
ここでは多くは語りませんが、既に驚くほどの結果が出ています。
さあ、次はあなたの番です!
​まずはこのホームページを隅から隅までじっくりお読みください。
お店の人に測ってもらえば大丈夫といった事ではありません。誰も言いたがりませんがお店の人が測っても合わない時があります。
百秀武道具店 店長 宇賀雄一郎