©2017 Hyakusyu Budoguten

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

H29.8.29 受かった理由を自分なりに考察。動画あり。

August 29, 2017

合格直後に

 

「そんなこといやらしいから言わないほうがいいよ」

 

と周りからは止められました。

 

 

 

でも、それだと次の人に繋がらないじゃん!

 

チャレンジしているウチのお客さんには全員合格してほしい!

(会場でもお会いしましたね!)

 

 

 

はっきり言って動画を見ていただくと

バコバコ打たれてるし、

全然これと言って目立ったところはありません。

(左側320Cが店長です)

 

 

 

 

人によっては

「なんでこれで合格なの?」

と思われるかもしれません。

 

 

でも、この審査内容が第3会場の後半部分では評価されていました。

 

 

なぜ?

 

 

 

生意気いいますが、

自分なりに考察しますと、

「打つ前の攻め」。

 

 

 

これだけ打たれまくって合格なんて

自分じゃそれ以外考えられない。

 

 

 

初めて六段審査会場へ足を踏み入れて思ったことは、

ほとんどの人が打つ前に「攻め」をしていないこと。

 

 

「なんでみんな打つ前に攻めないんだろう?」と

ちょっとびっくりしたくらいです。


 

意識してちゃんと攻めている人は全受験者の2割くらい。

その人は受かっています(たぶんね、見てて全然違うから)。

 

 

 

ビデオを見ていただくと分かりますが、2分間で

13回、ほぼ毎回相手より先に攻めています。

(意識してやってます)

 

 

 

初大刀も打たれたし、返し胴もバンバン打たれた。

でも店長は全部最初に攻めてから打ったか