©2017 Hyakusyu Budoguten

「ただ、単純に人より

​格好いい剣道具が欲しいんです(笑)。」

30歳を過ぎた大人なら、剣道具の買い替えはあなたの剣道人生で最大のチャンスです。学生さんならまだしも、大人になってから剣道具を買い換えることなんてそう滅多にありません。だからここで差が付きます。とりあえず使えればいいやと安価なミシン刺防具を選んでしまう人、一生モノの手刺し防具を選ぶ人。この剣道具を付けていたら間違いない!という防はこちらです。

「まだミシン刺防具を使ってるの?」

​手刺し防具を使うと剣道が変わるよ。

30歳を過ぎた大人なら、剣道具の買い替えはあなたの剣道人生で最大のチャンスです。学生さんならまだしも、大人になってから剣道具を買い換えることなんてそう滅多にありません。だからここで差が付きます。とりあえず使えればいいやと安価なミシン刺防具を選んでしまう人、一生モノの手刺し防具を選ぶ人。この剣道具を付けていたら間違いない!という防はこちらです。

・気が遠くなるほどの完全手仕事。

・手刺し独特の風合い

・剣道家の憧れ。

・紳士淑女のたしなみ。

・立ち姿が決まるので審査に有利

​・シンプルで飽きがこないデザイン。

​・この上ない優越感。

当店の手刺し防具はここが違う!

気絶するほど格好いい「胴裏拭き漆塗り」が標準仕様(追加料金無し)。

HPの写真を見てググッときた人、騙されたと思って買ってください(笑)。はっきり言って満足度が違います。兄貴分の「百年防具」で超絶人気の胴裏拭き漆塗りを「手刺し防具」でもお選びいただけるようになりました。実際、9割の人が選ばれています。(追加料金無し・別注対応)

・天然竹の美しい模様。

・1枚1枚色味が異なる味わい。

・樹脂胴では真似できない。

・昔から胴は竹で出来ている

表側はシックに、裏側にこだわる。

​・製作時間を遥かに凌ぐ満足度。

これぞ手刺し防具!柔らかくてコシがある面布団は使いやすく自然な型が付く。

面布団が肩から極端に飛び出して古臭かったり、極端に短すぎて学生に見られては困ります。大人の威厳、大人の剣道具は機能性以外にも、身だしなみと清潔感が求められます。

・打たれても痛くない布団。

・面金は丈夫なオールチタン製。

・一番痛む紐の箇所に面紐ズレ付。

・柔らかくて腕の上下の邪魔にならない。

・大人向けの面布団の長さをご提案。

​・サイズ合わせ、物見合わせ、保証付。

選べる大人向けのセンスの良い胴胸。

 稽古に真剣に取り組むことの証です。

30歳をすぎた大人なら、胴胸には派手な色味、奇抜なデザインは向きません。昔から長く受け継がれている定番デザインをどれだけ上質に製作できるかが問われます。ただ、派手なだけの胴胸は買った時はいいですが、すぐに飽きてしまい満足度は一瞬で終わります。

​竹刀操作を左右するのはもちろん甲手。

​だから甲手だけでも手刺しを使う人が多いんです。

手の内が鹿革の甲手を使うともうクラリーノ製には戻れません。そのくらい気持ちよさ、馴染みの良さが違います。私も使っていますがこの甲手はまず稽古で3回使って下さい、そのくらいすぐに馴染みます(最初から綿を抜いたペラペラ甲手はいけません)。あとはサイズ展開が豊富なので例え在庫分でもかなりフィット感は出ます。

・柔らかくて使いやすい手の内茶鹿革。

・紺鹿革製、正藍染製の布団、甲手頭。

・甲手頭の中には「鹿毛」が詰まっています。

・稽古で3度使えば馴染みます。

・しっかり分厚い甲手布団。

​・長すぎず、短すぎない甲手布団の長さ。

​垂紐をギュッとしめると気合が入る。

 手刺しの垂ならなおさらです。

垂は身体に巻くので一番手刺しの風合いが感じられるところではないでしょうか。帯は適度に柔らかく昔風のパリッとした雰囲気よりは、帯のように腰に巻きつける雰囲気。使用経過でいい色落ちを楽しめます。

・上品、ほんと上品な作り。

・大人が使ってこそ引き立つ仕立ての良さ。

・将来的な味のある色落ち。

・段飾は1.2分は七段、1.5分、2.0分は六段

・飽きが来ない定番雲型デザイン

​・全て紺鹿革、正藍染製。

手刺し防具の裏革が選べるようになりました!
時間はかかるけど、追加料金無しで変更できますよ。

​面と垂の裏革を「紺鹿革(下)」、「緑小桜(左下)」、「茶鹿革(右下)」から選べます。胴裏の拭き漆塗りに揃えるとイメージが決まります(別注対応・追加料金無し)

別注対応で一番人気なのは「紺鹿革」。

標準の「緑小桜」。在庫分はこの仕様になります。

「茶鹿革」。別注には時間がかかりますが充分お待ちいただく価値はあります。

ご要望が大変多かった「裏革」の変更が別注対応にて出来るようになりました!(職人さんありがとう!)
 別注対応といっても追加料金はかかりません
 大変混んでおりまして納期については約3〜4ヶ月くらいはかかりますのでご了承ください。
 ※ご注文の際に「備考欄」にご記入ください。

「手刺し防具」で面布団の長さは指定できますか?

面布団の長さ。基本的には職人にお任せでうまく調整いただいているので何ら問題はありませんが、中には短めだったり、長めだったり、長さをびっちり揃えたい事もあると思います。

面布団の長さってどのくらいがいいの?

もちろん面の大きさにや肩幅に比例して基本的な長さというのは変わりますが一般的に、、、

・19cm以下・・・極端に短い。肩がはみ出る危険も。
 

・21cm前後・・・肩から少しでるくらい(これで作ることが多い)
 

・22〜23cm前後・・・世間一般的な標準(少し長めの標準)
 

・26cm~27cm・・・昔の防具

長さを指定して別注できるようになりました!

以前はこちらの手刺し防具では対応できなかったのですが、「どうしても好みの長さがある」、「百年防具みたいに少し面布団を短めにしたい!」場合。別注対応にて製作する事が出来るようになりました!
追加料金はかかりません。ただ少し混んでいますので面を製作するので3〜4ヶ月くらいは納期がかかります。
(手刺し防具の面の製作にはどれも3〜4ヶ月くらいかかっています。納期が早いのは一般的な規格に合わせて先に製作して在庫しているからです。別注になるとこれから製作するのでそのくらいかかるという意味です)個別に指定すると確かに時間はかかります。でも手刺し防具は10年、20年と長く使えるので長い目で見ればこだわりの箇所は叶えたほうが満足度は高いと思います。(通常は職人にお任せでうまい具合に仕上げてくれるので問題ないですよ。)

ついでにあるある質問。「垂れない面布団が欲しい!」

面布団が垂れてしまうには2つの原因があります。

①面布団そのものの作り。硬いか柔らかいか、腰があるか。
②もうひとつは面布団の長さそのもの。私はこちらの方が影響が大きいと思っています。

 

一般に布団が垂れるとは昔の面ふとんの長い面布団をもって言われることが多いです。
布団が長いと重い。その為、どうしても肩のあたりで一回垂れて、その先で更に垂れると。
結局垂れないように布団は硬くしっかり作ることになりますが、その分なじまず使いにくい。

布団長い → 垂ないように布団を硬く作る → 馴染まず使いづらい 
布団短い → そのそも垂れるほどの長さがない → 布団を柔らかく作れる
といった具合です。